• 交通事故治療とは? INTRODUCTION
  • 気になる慰謝料 PRICE
  • 交通事故治療Q&A Q&A
  • マスターおーしまとは? ABOUT

からだ取扱説明書

2014年1月7日 火曜日

紫斑病なら愛知県丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院へ

★肘の痛み

肘痛とは、一般病理学によりますと、肘に起こる痛みで、骨折や脱臼、靭帯断裂などハッキリした原因は無いにもかかわらず、特定の動作の時に「ビリッ」と鋭く走るような痛みや逆にいつも重い感じの鈍痛を感じている状態。

過去に強くぶつけたり、怪我の後遺症により鈍痛を感じることもあります。

痛みの主な原因は、過度の負荷が掛かったことによる筋疲労です。

筋肉は強いストレスが掛かると萎縮したまま伸びなくなることがあります。

筋肉が伸びなくなると、萎縮した筋繊維に剥離が起こり痛んだり、萎縮した筋肉が自律神経の支配下にあるため、自分の意識ではなかなか伸ばせなくなり関節のずれが起こって痛みが出ることもあります。

一部の筋肉がそのように縮んだまま伸びない状態にある時、その関節は必要以上に強く縮む筋肉によって通常の軌道から少しズレた動きをするようになります。

ズレた関節で神経圧迫などが起こることがあり、痛みの症状として現れてきます。



おおしま接骨院では、問題の解決として、筋肉の異常な緊張の解消とともに、関節のズレの修正を行います。

それにより、本来の正しい軌道で肘関節が可動できるようになり、痛みの解消が可能です。

丹羽郡扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉ばなれ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグットが送る交通安全語録

早めにつけようくるまのライト
      小さな事から事故防止

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2014年1月6日 月曜日

膝痛、水がたまる、変形性膝関節症なら扶桑町おおしま接骨院

★股関節症

一般病理学によると

股関節症とは、何らかの原因で股関節の血液循環が悪くなったり、関節の使い過ぎにより関節軟骨が擦り減ってしまって損傷したり、変形が起きたりする症状のことです。
代表的なものとしては、「先天性股関節脱臼」「臼蓋形成不全」などがあります。



最初は、軽い痛みやだるさがあり、少し休むと痛みは消える程度です。
進行すると徐々に痛みが強くなり、しだいに回復するのに時間がかかるようになってきます。

症状が酷くなると、体を傾けて脚を引きずりながら歩く「跛行」や、股関節が外に開きにくくなったり曲がりにくくなったりと「関節可動域制限」がおこってきます。

徐々に状態は進行していき、「難治性」であることが特徴です。

治療法としては、股関節周辺筋肉の強化や、非ステロイド系抗炎症剤の投与などが行われています。
また、重度の場合には、関節自体を「人工関節」に置き換える手術などが行われています。

おおしま接骨院では


股関節の痛みの原因は、関節の骨や軟骨が直接的な原因ではなく、筋肉の異常な緊張によっておこっていると考えています。
原因になっている筋肉の異常な緊張を緩めることで、難治性といわれる股関節症の痛みでも、改善される例が多くあります。

実際に、患者様の声にあるように、難治性の症状であったものが、日常生活を問題なく送れるまでに回復しています。

確かに股関節の動きにおいては、可動域が周りの人よりも小さかったりしているかもしれません。
しかし、先天的な股関節の問題が原因であるのならば、もっと幼少の頃から痛みがあっても不思議ではないはずですね。

多くの場合は、激しいスポーツをしたとか、たくさん歩きすぎたとか、何かきっかけがあって痛みがでてきているのがほとんどです。
そこから考えると、股関節症の痛みの原因は、過度に股関節を酷使した為におこった、極度の疲労による筋肉の緊張によるものと推測できます。

例えば、激しい運動をやり過ぎたり、長時間のデスクワークなどを続けていると、股関節周辺の筋肉が異常緊張を起こして固くなってしまいます。
そうすると、筋肉が伸びなくなり、股関節の動きに制限がかかってしまいます。
動きに制限がかかっている状態で無理に可動させようとすると、関節面が圧迫されてしまい、そのため血流障害がおきて、軟骨の損傷や変形に至るというわけです。

ですから、原因になっている緊張を解消してあげることで、股関節の可動域が広がり、歩行がスムーズになります。
歩行がスムーズになると、血流障害が解消され、軟骨の回復・修復につながっていきます。



丹羽郡扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉ばなれ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグットが送る交通安全語録


  走らない僕も急には止まれない。

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2013年12月23日 月曜日

愛知県オスグットならおおしま接骨院へ

★めまい

一般病理学的によると

めまいの症状は人によって異なりますが、ここでは代表的なものを表記しています。

【回転性のめまい】 自分自身または地面が回転しているような感覚で、酷い時は倒れる事もあるそうです。 多くは三半規管や前庭神経など、耳の障害で生じると考えられています。

【浮動性めまい】 頭や体がフラフラする状態で、歩くとふらつく事があり、小脳・中枢神経の問題や、高血圧などで生じると言われています。 麻痺や意識障害を伴う場合は、腫瘍や脳梗塞などが疑われるので、一度専門医の検査を受けた方が良いでしょう。

【立ちくらみ】 血の気が引き意識の遠くなる感覚で、「起立性低血圧症」や「起立性血圧調節障害」と呼ばれていて、高血圧や動脈硬化などの症状がある方は、注意が必要とされているそうです。

【頭部外傷後めまい】 頭部の外傷が原因で、めまいが起こると言われる物で、症状が現れるまで数日~1ヶ月程かかる事もあるようです。 受傷後何年も続く「頭部外傷後遺症めまい」は、精神的ショック等が影響する可能性も。

一般的な治療は、投薬(抗めまい薬・吐き気止めなど)や手術、理学療法などがあるそうです。 また、睡眠不足やストレス・自律神経の異常も原因の一つといわれ、休養・安静が必要とされています。

めまいが起きる理由として、大きく分けて4つの原因があると考えています。

おおしま接骨院では

【肩周辺から首の筋肉の緊張】 筋肉の緊張が血管を収縮してしまい、脳へ送られる血液が充分ではなく、脳の酸素不足や一時的な貧血のような状態が起こると考えています。

【耳周辺と顎関節の筋肉の緊張】 耳や額関節周辺の緊張によって、三半規管・顎関節に問題が生じ、めまいが起こると考えています。

【全身のバランスの崩れ】 めまいは、自律神経の障害や、一過性の血圧の上下などでも起こります。

【ストレス】 人間関係や仕事のトラブルなども、めまいの原因の背景にあるようです。

おおしま接骨院の手法は、やさしく身体にアプローチし、めまいを効果的に回復させることが可能です。

肩や首周辺の筋肉の緊張を解消し、脳への血流を充分確保する事で、めまいの早期回復を実現しています。 耳・顎の周りの緊張を取り、顎関節の調整をすることで、めまいが解消される例も数多く見られます。 全身の施術を行うと、自律神経のバランスが改善され、身体がリラックスした状態になり、めまいの解消にも有効です。 身体の状態の改善から、心の問題のストレスに好影響を与えることで、めまいの改善も促します。



丹羽郡扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉ばなれ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグットが送る交通安全語録

気をつけてフザケ歩きは事故のもと

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2013年12月22日 日曜日

丹羽郡交通事故で病院をお探しなら扶桑町のおおしま接骨院

★手のしびれ

一般理学によると

手の痺れの代表的な病名と原因

<頸椎症>

頸椎の椎体が潰れて骨棘(骨のとげ)が形成、椎間板のヘルニア、石灰化現象、などの原因により神経が圧迫され、肩や腕に痺れがでます。

<胸郭出口症候群>

首から鎖骨下を通って腕につながっている神経の塊(腕神経叢)が、胸郭出口部(鎖骨と第一肋骨の間)や、鎖骨付近の筋肉(前斜角筋、中斜角筋など)によって圧迫されて腕に痺れがでます。

<肘部管症候群>

手首や指の筋肉を支配している尺骨神経が、肘の内側にある肘部管というトンネルで、骨や靭帯の変形やガングリオンなどによって圧迫され、痺れや神経麻痺がおこります。 <手根管症候群>

掌側の手首にある手根管というトンネルの中を正中神経と指の腱が通っており、何らかの原因によりトンネルのなかで神経が圧迫されて、痺れや痛み、運動障害を起こします。



いずれの症状も、軽度の場合は腕や手に違和感が有る程度で、日常生活に支障はありませんが、重度になると、腕の挙上困難、安静時の強い痺れ、などの症状がでます。 治療方法は、悪化させる動作の禁止、非ステロイド性消炎薬や筋弛緩薬の投与などがあり、椎間板で神経圧迫がある場合には、牽引したり、手術によって原因になっている部位を取りのぞきます。


おおしま接骨院では

痺れがおこる原因は、痺れている部位に関連する筋肉の、極度の疲労によっておこるものと考えます。

痺れと一口に言っても、椎間板が潰れて神経圧迫がおきてるもの、血流が悪くなっておこるもの、筋肉自体が危険信号として痺れをだしているものなど、いろいろなケースがあります。

いずれの場合にしても、筋肉の働きが大きく関係しており、実際に筋肉の疲労を解消することで、多くの改善例が報告されています。

筋肉の疲労と痺れとの関係を、簡単に例にあげると、 体に過度な負荷を加えたり、負担がかかる姿勢を長時続けていると、その状態を維持する筋肉が疲労をおこし、異常に緊張して固くなってしまいます。

すると、筋肉の緊張している方向に骨が引っ張られて歪みがおこり、椎間板での神経圧迫につながります。 また、筋肉の緊張により、そこを通る血管が連動して収縮をおこし、血流が悪くなって浮腫みや冷え、痺れなどがおきます。

あまりにも筋肉に疲労がたまり過ぎると、それ以上酷使するのは危険と判断し、筋肉自体が危険信号として痛みや痺れをだすこともあります。

症状や病名がなんであれ、原因になっている筋肉の疲労をきちんと解消してあげることが大切です。 筋肉の異常緊張を解消することで、骨の歪みや血流の悪さが改善され、痺れの軽減、消失を実現します



丹羽郡扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉ばなれ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグットが送る交通安全語録

譲り合い誰にもできる心掛け

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2013年12月21日 土曜日

愛知県大腿骨骨頭壊死なら丹羽郡扶桑町おおしま接骨院

★肉離れ

一般病理学によると

筋肉の部分断裂のことを肉離れといい、自然に治るのを待つしかありません。
肉離れは筋肉に負荷が掛かることで普通に起こり、多くは筋膜や筋線維の一部が損傷することで済みます。完全に断裂してしまうと手術などが必要になり、こうなると肉離れとは呼ばれません。

肉離れの治療法としては、固定と安静が一般的ですが、固定が難しい場所が肉離れをおこす場合もあり、また肉離れが癖になる場合もあるのでしっかりと治すことが大切です。

強い力が掛かって起こる肉離れは強い痛みを伴い、歩くことすら難しいという状態を引き起こしてしまいます。
ストレッチなどで十分に筋肉をほぐしてから運動を行うことである程度は防げると言われていますが、筋肉に急に強い収縮力が働くことで起こる怪我なので、スポーツをする場合にはリスクのひとつとして考えるしか方法がないとも言えます。


おおしま接骨院では

肉離れを起こすと、強い衝撃と痛みにより、筋肉が強く緊張します。

筋肉が緊張していると血流が悪くなり、傷口の修復の遅れや浮腫みなどが起きます。

また、傷口がくっついたとしても、筋肉の異常緊張を解消しないまま放っておいた為に、関節本来の働きに問題がおきます。

結果、日常生活に支障をきたし、長期のリハビリを要することとなります。

なるべく早い段階で筋肉の異常緊張を解消し、通常よりも早い傷口の修復と日常生活への復帰を目指します。



丹羽郡扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉ばなれ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグットが送る交通安全語録

ゆとりこそ無事故につながる道標

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31