• 交通事故治療とは? INTRODUCTION
  • 気になる慰謝料 PRICE
  • 交通事故治療Q&A Q&A
  • マスターおーしまとは? ABOUT

からだ取扱説明書

2017年9月2日 土曜日

愛知県オスグットならおおしま接骨院へ

✤頭痛とは

一般病理学によると

誰もが経験する辛い頭の痛み。
おそらく頭痛を経験したことがない人はいないでしょう。
頭痛に襲われたとき、まず必要なのは、脳腫瘍や怪我による血管破裂などの深刻な問題により頭痛を起こす場合を考えることです。
急激な頭痛や吐き気を伴うもの、めまいを伴う場合には、必ず病院で精密検査を受けましょう。
それ以外の場合、慢性的な頭痛、偏頭痛、疲労時の頭痛、何年も継続的(または断続的)に頭痛がある等、病院で明確な原因が見つからない場合は、頚椎の歪みやねじれ、首周りの筋肉の異常な緊張が頭痛に関係しています。

おおしま接骨院では

明確な原因が見つからず薬でごまかしているとか、頚椎が悪いことは分かっているけれどどうすれば良くなるかが分からない、といった多くの方の痛みを解消してきました。
そういった方の頭痛の多くは、頚椎の歪みや首・肩の筋肉の異常緊張によるものでした。
首や肩の筋肉が異常に緊張すると、その部分で血流が悪くなります。
首や肩は頭部に繋がる通路でもあるので、その部分で血流障害が起こると頭に行く血液量が不足し、酸欠と貧血の状態が起こります。
酸欠と貧血を知らせる警報として結果的に頭痛が起こるわけです。
頚椎の歪みやねじれ、筋肉の異常緊張を解消することで多くの問題は解決されます。


扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


急ぐとも一旦止まって安全確認

 
 

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2017年8月31日 木曜日

愛知県の紫斑病なら丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院へ

✤めまい
 
一般病理学によると

めまいの症状は人によって異なりますが、ここでは代表的なものを表記しています。

【回転性のめまい】

自分自身または地面が回転しているような感覚で、酷い時は倒れる事もあるそうです。
多くは三半規管や前庭神経など、耳の障害で生じると考えられています。

【浮動性めまい】

頭や体がフラフラする状態で、歩くとふらつく事があり、小脳・中枢神経の問題や、高血圧などで生じると言われています。
麻痺や意識障害を伴う場合は、腫瘍や脳梗塞などが疑われるので、一度専門医の検査を受けた方が良いでしょう。

【立ちくらみ】

血の気が引き意識の遠くなる感覚で、「起立性低血圧症」や「起立性血圧調節障害」と呼ばれていて、高血圧や動脈硬化などの症状がある方は、注意が必要とされているそうです。

【頭部外傷後めまい】

頭部の外傷が原因で、めまいが起こると言われる物で、症状が現れるまで数日~1ヶ月程かかる事もあるようです。
受傷後何年も続く「頭部外傷後遺症めまい」は、精神的ショック等が影響する可能性も。
一般的な治療は、投薬(抗めまい薬・吐き気止めなど)や手術、理学療法などがあるそうです。
また、睡眠不足やストレス・自律神経の異常も原因の一つといわれ、休養・安静が必要とされています。

めまいが起きる理由として、大きく分けて4つの原因があると考えています。

【肩周辺から首の筋肉の緊張】

筋肉の緊張が血管を収縮してしまい、脳へ送られる血液が充分ではなく、脳の酸素不足や一時的な貧血のような状態が起こると考えています。

【耳周辺と顎関節の筋肉の緊張】

耳や顎関節周辺の緊張によって、三半規管・顎関節に問題が生じ、めまいが起こると考えています。

【全身のバランスの崩れ】

めまいは、自律神経の障害や、一過性の血圧の上下などでも起こります。

【ストレス】

人間関係や仕事のトラブルなども、めまいの原因の背景にあるようです。
                                                                                                                     
おおしま接骨院では

やさしく身体にアプローチし、めまいを効果的に回復させることが可能です。
肩や首周辺の筋肉の緊張を解消し、脳への血流を充分確保する事で、めまいの早期回復を実現しています。
耳・顎の周りの緊張を取り、顎関節の調整をすることで、めまいが解消される例も数多く見られます。
全身の施術を行うと、自律神経のバランスが改善され、身体がリラックスした状態になり、めまいの解消にも有効です。
身体の状態の改善から、心の問題のストレスに好影響を与えることで、めまいの改善も促します。





扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録
 


急ぐとも守れスピード車間距離

 

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2017年8月30日 水曜日

愛知県丹羽郡扶桑町、江南市肉離れならおおしま接骨院へ  

✤半月板損傷


一般病理学によると        

膝に捻りが加わる等の無理な付加がかかった時にその付加に耐え切れず、半月板が潰れたり、断裂したりするものとされています。
症状としては、痛みや腫れ、水が溜まる等です。
治療法は手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後、元の運動機能に回復できない例も多くあります。

おおしま接骨院では

半月板損傷は膝周辺の筋肉の異常緊張によって半月板への付加が増大し、損傷するものと考えています。
膝周辺の筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで、手術を行うことなく、潰れたり切れたりした半月板の回復を促進します。

Q:半月板損傷による膝の痛みが整体で良くなるのですか?

A:膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからではありません。膝周辺の筋肉が疲労して固くなっていることが痛みの原因です。固くなった筋肉を療法で柔らかくして膝の関節が動きやすくなれば、痛みなく普通に歩いたり走ったりできるようになります。

Q:損傷している半月板は元にもどりますか?

A:詳しい話しは長くなるので省きますが、膝痛の本当の原因を解消し痛みがない状態で生活しているうちに、徐々に半月板は弾力を取り戻します。手術で損傷した半月板をとってしまったら二度と元には戻りません。

Q:体重をかけないように松葉杖を使えと指導されたのですが。

A:松葉杖などを使っていると、かばって歩いている為にどんどん筋肉疲労が蓄積され、膝が伸びなくなったりと状態が悪化してしまう恐れがあります。なるべく早く松葉杖なしで小股でもいいので歩けるようにしないといけません。
 



扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


 一寸待て飛び出す心に飛びつく危険

 

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2017年8月29日 火曜日

大腿骨頭壊死、臼蓋形成不全、股関節症ならおおしま接骨院  

✤大腿骨頭壊死

一般病理学によると

大腿骨頭壊死症とは、何らかの原因で股関節が血行障害におちいり、大腿骨頭が栄養不足になり壊死してしまう症状です。
最初は、軽い痛みやだるさ あり、少し休むと痛みは消える程度です。
進行すると徐々に痛みが強くなり、しだいに回復するのに時間がかかるようになってきます。
症状が酷くなると、体を傾けて脚を引きずりながら歩いたり、股関節が外に開きにくくなったり曲がりにくくなったりと、関節可動域に制限がおこってきます。
原因となる要素の一つとして、ステロイドの大量投与や、アルコールの多飲によっても起こることがわかっています。

治療法としては、早期発見の場合は、筋力トレーニングなどの保存療法が行われ、酷い場合は、人工股関節の手術をおこなったりします。

おおしま接骨院では

大腿骨頭壊死症の原因は、股関節周辺筋肉の異常緊張によるものと考えます。
筋肉の緊張によって、股関節の骨と骨とが押し付けられ圧迫されてしまい、骨頭の軟骨に血流障害がおき、まるで壊死のような状態になってしまうと考えます。
実際には筋肉に問題があるケースが多いので、緊張をしっかり緩めて、股関節の骨と骨との空間をしっかり確保することで、じょじょに骨頭に血流がいくようになり、その結果股関節の痛みや違和感が解消していき回復につながっていきます。

Q:MRIの検査の結果、股関節の軟骨が潰れて平らになっていると診断されたのですが、手術しなくて大丈夫なのですか?

A:軟骨は時間をかけてじょじょに復元されて元に戻っていきます。これは大学病院の検査結果でも証明されています。軟骨の修復の為には、股関節周辺の筋肉の緊張を解消し血流を良くすることが必要不可欠です。

Q:いま松葉杖で生活していますが、どのくらいの期間で普通に歩けるようになりますか?

A:回復期間は人それぞれなのですが、3~4回の施術で歩ける人もいれば半年くらいかかる人もいます。痛みの原因は壊死症状のせいではなく筋肉の疲労です。長期間かばって生活するほど筋肉の状態は悪くなりますので、早期回復の為には早めのケアが大切です。
 
 


扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録



 ルールを守って我が身を守れ

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2017年8月27日 日曜日

丹羽郡交通事故で病院をお探しなら扶桑町のおおしま接骨院  

✤半月板損傷


一般病理学によると        

膝に捻りが加わる等の無理な付加がかかった時にその付加に耐え切れず、半月板が潰れたり、断裂したりするものとされています。
症状としては、痛みや腫れ、水が溜まる等です。
治療法は手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後、元の運動機能に回復できない例も多くあります。

おおしま接骨院では

半月板損傷は膝周辺の筋肉の異常緊張によって半月板への付加が増大し、損傷するものと考えています。
膝周辺の筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで、手術を行うことなく、潰れたり切れたりした半月板の回復を促進します。

Q:半月板損傷による膝の痛みが整体で良くなるのですか?

A:膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからではありません。膝周辺の筋肉が疲労して固くなっていることが痛みの原因です。固くなった筋肉を療法で柔らかくして膝の関節が動きやすくなれば、痛みなく普通に歩いたり走ったりできるようになります。

Q:損傷している半月板は元にもどりますか?

A:詳しい話しは長くなるので省きますが、膝痛の本当の原因を解消し痛みがない状態で生活しているうちに、徐々に半月板は弾力を取り戻します。手術で損傷した半月板をとってしまったら二度と元には戻りません。

Q:体重をかけないように松葉杖を使えと指導されたのですが。

A:松葉杖などを使っていると、かばって歩いている為にどんどん筋肉疲労が蓄積され、膝が伸びなくなったりと状態が悪化してしまう恐れがあります。なるべく早く松葉杖なしで小股でもいいので歩けるようにしないといけません。



扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録
 



 早めにつけようくるまのライト

 

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930