• 交通事故治療とは? INTRODUCTION
  • 気になる慰謝料 PRICE
  • 交通事故治療Q&A Q&A
  • マスターおーしまとは? ABOUT

2017年12月17日 日曜日

愛知県の紫斑病なら丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院へ  

✤半月板損傷


一般病理学によると             

膝に捻りが加わる等の無理な付加がかかった時にその付加に耐え切れず、半月板が潰れたり、断裂したりするものとされています。
症状としては、痛みや腫れ、水が溜まる等です。
治療法は手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後、元の運動機能に回復できない例も多くあります。

おおしま接骨院では

半月板損傷は膝周辺の筋肉の異常緊張によって半月板への付加が増大し、損傷するものと考えています。
膝周辺の筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで、手術を行うことなく、潰れたり切れたりした半月板の回復を促進します。

Q:半月板損傷による膝の痛みが整体で良くなるのですか?

A:膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからではありません。膝周辺の筋肉が疲労して固くなっていることが痛みの原因です。固くなった筋肉を療法で柔らかくして膝の関節が動きやすくなれば、痛みなく普通に歩いたり走ったりできるようになります。

Q:損傷している半月板は元にもどりますか?

A:詳しい話しは長くなるので省きますが、膝痛の本当の原因を解消し痛みがない状態で生活しているうちに、徐々に半月板は弾力を取り戻します。手術で損傷した半月板をとってしまったら二度と元には戻りません。

Q:体重をかけないように松葉杖を使えと指導されたのですが。

A:松葉杖などを使っていると、かばって歩いている為にどんどん筋肉疲労が蓄積され、膝が伸びなくなったりと状態が悪化してしまう恐れがあります。なるべく早く松葉杖なしで小股でもいいので歩けるようにしないといけません。
 



扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録



毎日の慣れた道でも落とし穴

 

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
電気で治すのではなく、
あくまでも手技にこだわった接骨院最後は「手にまさるものなし」おおしま接骨院が提供する療法(一部抜粋) 無痛ゆらし療法 バンキー(吸玉)療法 レインボー療法 JRC療法


大きな地図で見る
■住所
愛知県丹羽郡扶桑町柏森寺裏104

■定休日
日・祝・水曜午後・土曜午後

■営業時間
午前 8:30~12:00
午後 4:00~7:30

当院は予約制です。

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2018.7.19

臨時休診のお知らせ

   
   7月23日(月)
   院長都合により臨時休診させて頂きます。
   ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.7.4

臨時休診のお知らせ

   
   7月7日(土)
   院長都合により臨時休診させて頂きます。
   ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.6.11

臨時休診のお知らせ
 

6月15日(金) 16日(土)
陸上競技東海大会出場選手のサポートの為臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.6.5

臨時休診のお知らせ
 

6月9日(土)
 

日本選手権出場選手のトレーナー活動で新潟県に行く為臨時休診とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.5.25

臨時休診のお知らせ
 

5月28日(月) 午後診療
院長都合により臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ