• 交通事故治療とは? INTRODUCTION
  • 気になる慰謝料 PRICE
  • 交通事故治療Q&A Q&A
  • マスターおーしまとは? ABOUT

からだ取扱説明書

2018年4月19日 木曜日

スポーツ障害、シンスプリント、オスグットならおおしま接骨院へ

✤半月板損傷

一般病理学によると                     

膝に捻りが加わる等の無理な付加がかかった時にその付加に耐え切れず、半月板が潰れたり、断裂したりするものとされています。
症状としては、痛みや腫れ、水が溜まる等です。
治療法は手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後、元の運動機能に回復できない例も多くあります。

おおしま接骨院では

半月板損傷は膝周辺の筋肉の異常緊張によって半月板への付加が増大し、損傷するものと考えています。
膝周辺の筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで、手術を行うことなく、潰れたり切れたりした半月板の回復を促進します。

Q:半月板損傷による膝の痛みが整体で良くなるのですか?

A:膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからではありません。膝周辺の筋肉が疲労して固くなっていることが痛みの原因です。固くなった筋肉を療法で柔らかくして膝の関節が動きやすくなれば、痛みなく普通に歩いたり走ったりできるようになります。

Q:損傷している半月板は元にもどりますか?

A:詳しい話しは長くなるので省きますが、膝痛の本当の原因を解消し痛みがない状態で生活しているうちに、徐々に半月板は弾力を取り戻します。手術で損傷した半月板をとってしまったら二度と元には戻りません。

Q:体重をかけないように松葉杖を使えと指導されたのですが。

A:松葉杖などを使っていると、かばって歩いている為にどんどん筋肉疲労が蓄積され、膝が伸びなくなったりと状態が悪化してしまう恐れがあります。なるべく早く松葉杖なしで小股でもいいので歩けるようにしないといけません。




扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


交差点急ぐな走るな飛び出すな

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2018年4月9日 月曜日

江南市  ムチウチ

✤半月板損傷

一般病理学によると                     

膝に捻りが加わる等の無理な付加がかかった時にその付加に耐え切れず、半月板が潰れたり、断裂したりするものとされています。
症状としては、痛みや腫れ、水が溜まる等です。
治療法は手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後、元の運動機能に回復できない例も多くあります。

おおしま接骨院では

半月板損傷は膝周辺の筋肉の異常緊張によって半月板への付加が増大し、損傷するものと考えています。
膝周辺の筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にします。
そうすることで、手術を行うことなく、潰れたり切れたりした半月板の回復を促進します。

Q:半月板損傷による膝の痛みが整体で良くなるのですか?

A:膝の痛みの原因は半月板が損傷しているからではありません。膝周辺の筋肉が疲労して固くなっていることが痛みの原因です。固くなった筋肉を療法で柔らかくして膝の関節が動きやすくなれば、痛みなく普通に歩いたり走ったりできるようになります。

Q:損傷している半月板は元にもどりますか?

A:詳しい話しは長くなるので省きますが、膝痛の本当の原因を解消し痛みがない状態で生活しているうちに、徐々に半月板は弾力を取り戻します。手術で損傷した半月板をとってしまったら二度と元には戻りません。

Q:体重をかけないように松葉杖を使えと指導されたのですが。

A:松葉杖などを使っていると、かばって歩いている為にどんどん筋肉疲労が蓄積され、膝が伸びなくなったりと状態が悪化してしまう恐れがあります。なるべく早く松葉杖なしで小股でもいいので歩けるようにしないといけません。




扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


      車ばかりが悪くない
 自分で守ろうこの命

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2018年4月8日 日曜日

江南市ムチウチなら愛知県丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院へ

✤頭痛はみなさん経験があるのではないでしょうか。つらいですね。

 頭痛に襲われたときは、まず、脳腫瘍や怪我による血管破裂などの深刻な問題により頭痛が起こったのではないかと疑いましょう。
病院で精密検査を受ける必要があるのは、急激な頭痛や吐き気、めまいを伴う場合です。
病院で明確な原因が見つからない場合、何年も続いて頭痛がある場合、慢性的な頭痛、偏頭痛、疲労時の頭痛がある場合などは、頸椎の”ゆがみ”や”ねじれ”、”首周りの筋肉の異常な緊張”が頭痛に関係していると考えられます。

おおしま接骨院では、頭痛で苦しんでいる多くの方(原因がわからないまま薬で抑えているとか、首が原因だとはわかっていてもどうしようもない方など)の方の痛みを解消してきました。
頭痛の多くは、頚椎のゆがみや首・肩の筋肉の異常緊張によるものでした。
首・肩の筋肉が異常に緊張 → その部分で血流が悪くなります。
(首・肩は頭部につながる通路になっています。そこで血流障害がおこると頭部への血液量が足りなくなり、酸素欠乏と貧血の状態が起こります。)
すると、酸欠と貧血を知らせる警報 → 結果的に頭痛が起こるわけです。
頸椎の”ゆがみ”や”ねじれ”、”筋肉の異常緊張”を解消することで多くの問題は解決されます。




扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録



 信号をよく確かめて安全を

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2018年4月7日 土曜日

江南市交通事故治療、リハビリなら丹羽郡扶桑町のおおしま接骨院へ

✤オスグッド・シュラッダー病 (成長痛)

一般病理学によると

成長期の子供に多く、膝に強い痛みが出る事が特徴です。
特にスポーツをする子供達にとっては選手としての成長を妨げる大きな悩みの1つとして知られています。
成長痛ともいわれるオスグッド病は、成長期が終わるまでは我慢するしかない、仲良くつきあって行くしかないと考えられていました。
実際の少年スポーツの現場でも、「成長期なんだからしょうがない」とか「みんな痛くても我慢しているんだからオマエも頑張れ!」といった声が多く聞かれるようです。
しかし、痛みの出ている当の子供たちにしてみれば「頑張るのは当たり前だけど、こんなに痛くちゃやってられない」のが正直なところでしょう。
果たして本当に、オスグッド病の痛みは成長期が終わるまで我慢し続けなければいけないのでしょうか?
我々はそのようには考えていません。

おおしま接骨院では

成長期に無理な運動を重ねてしまうと、体の回復が間に合わずに筋肉に疲労がたまり異常緊張が起きます。
筋肉がうまく使えず関節が本来の動きができなくなり、その結果、負担がかかる部位に痛みがでてしまうのです。
成長期が終わるまで待たなくても、きちんと筋肉の疲労を解消することで、関節も本来の動きを取り戻し、痛み無く運動を行うことができます。

Q:病院では、成長期が終わるまで治らないと言われたのですが本当ですか?

A:そんな事はありません。無痛ゆらし療法では平均1~3回の施術で回復しています。膝に痛みが出ているのには、必ず原因があり、それを解消することで短期回復が可能です。

Q:膝下の軟骨が飛び出てきているのですが、大丈夫ですか?

A:膝の痛みと膝下の軟骨とは全く関係はありません。たとえ膝下の軟骨がものすごく尖って飛び出ていたとしても、痛くなく走れるようになりますので、安心して下さい。

Q:オスグッドになったら、どのようなケアをしていけばいいですか?

A:よくアイシングをして痛い箇所を冷やしている方がいますが、それは逆効果になりますのですぐに止めて下さい。逆に、お風呂などに浸かってしっかり全身を温めることで、膝の回復が早くなります。

後は、ストレッチなどを行えば十分なのですが、一人一人痛みの原因が違いますので、一度来院して下さい。その人にあったケア方法をお教えします。
                           




扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


 自転車も乗れば車の仲間入り

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

2018年4月2日 月曜日

江南市  むちうち

✤めまい
 
一般病理学によると

めまいの症状は人によって異なりますが、ここでは代表的なものを表記しています。

【回転性のめまい】

自分自身または地面が回転しているような感覚で、酷い時は倒れる事もあるそうです。
多くは三半規管や前庭神経など、耳の障害で生じると考えられています。

【浮動性めまい】

頭や体がフラフラする状態で、歩くとふらつく事があり、小脳・中枢神経の問題や、高血圧などで生じると言われています。
麻痺や意識障害を伴う場合は、腫瘍や脳梗塞などが疑われるので、一度専門医の検査を受けた方が良いでしょう。

【立ちくらみ】

血の気が引き意識の遠くなる感覚で、「起立性低血圧症」や「起立性血圧調節障害」と呼ばれていて、高血圧や動脈硬化などの症状がある方は、注意が必要とされているそうです。

【頭部外傷後めまい】

頭部の外傷が原因で、めまいが起こると言われる物で、症状が現れるまで数日~1ヶ月程かかる事もあるようです。
受傷後何年も続く「頭部外傷後遺症めまい」は、精神的ショック等が影響する可能性も。
一般的な治療は、投薬(抗めまい薬・吐き気止めなど)や手術、理学療法などがあるそうです。
また、睡眠不足やストレス・自律神経の異常も原因の一つといわれ、休養・安静が必要とされています。

めまいが起きる理由として、大きく分けて4つの原因があると考えています。

【肩周辺から首の筋肉の緊張】

筋肉の緊張が血管を収縮してしまい、脳へ送られる血液が充分ではなく、脳の酸素不足や一時的な貧血のような状態が起こると考えています。

【耳周辺と顎関節の筋肉の緊張】

耳や顎関節周辺の緊張によって、三半規管・顎関節に問題が生じ、めまいが起こると考えています。

【全身のバランスの崩れ】

めまいは、自律神経の障害や、一過性の血圧の上下などでも起こります。

【ストレス】

人間関係や仕事のトラブルなども、めまいの原因の背景にあるようです。
                                                                                                                     
おおしま接骨院では
                                                                                      
やさしく身体にアプローチし、めまいを効果的に回復させることが可能です。
肩や首周辺の筋肉の緊張を解消し、脳への血流を充分確保する事で、めまいの早期回復を実現しています。
耳・顎の周りの緊張を取り、顎関節の調整をすることで、めまいが解消される例も数多く見られます。
全身の施術を行うと、自律神経のバランスが改善され、身体がリラックスした状態になり、めまいの解消にも有効です。
身体の状態の改善から、心の問題のストレスに好影響を与えることで、めまいの改善も促します。




扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録


モシモシは自動車に乗る前降りた後

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

1 / 12012345...102030...最後 »

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
電気で治すのではなく、
あくまでも手技にこだわった接骨院最後は「手にまさるものなし」おおしま接骨院が提供する療法(一部抜粋) 無痛ゆらし療法 バンキー(吸玉)療法 レインボー療法 JRC療法


大きな地図で見る
■住所
愛知県丹羽郡扶桑町柏森寺裏104

■定休日
日・祝・水曜午後・土曜午後

■営業時間
午前 8:30~12:00
午後 4:00~7:30

当院は予約制です。

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2018.4.16

臨時休診のお知らせ
 

4月21日(土) 
院長都合により臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.3.9

臨時休診のお知らせ
 

4月10日(火) 午前
院長都合により臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.3.9

臨時休診のお知らせ
 

4月3日(火) 午前
入学式出席の為臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.2.27

臨時休診のお知らせ
 

3月1日(木)午前
卒業式出席の為臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2018.2.7
臨時休診のお知らせ

2月19日(月) 20日(火)午前
勉強会出席のため臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
  • RSS配信
  • RSSヘルプ