• 交通事故治療とは? INTRODUCTION
  • 気になる慰謝料 PRICE
  • 交通事故治療Q&A Q&A
  • マスターおーしまとは? ABOUT

2020年11月25日 水曜日

扶桑町むちうち

 

 

✤紫斑病

 

一般病理学によると

扁桃炎や食べ物によるアレルギー反応や他様々な原因で血管に炎症が起こり、血管から血液がもれて皮下出血し、紫色の斑紋が出るとされている病気です。
発症部位は様々ですが、主に四肢(特に下肢)に紫色の斑紋がでます。
病名はいくつかあり、アレルギー性紫斑病と呼ばれるものは、小児に多く発症し、紫斑と共に腹痛、足の痛み、関節痛などの症状がでます。

おおしま接骨院では

一般に安静や投薬などの処置を施しますが、無痛ゆらし療法では、紫斑病の根本原因を「内臓の不調」と「頸椎(首)の問題」と考えています。
体の問題点を見つけ出し解消することで、アレルギー反応が徐々におさまり、紫斑や腎炎などの症状を早期回復に導きます。

Q:なぜ紫斑病が整体で良くなるのですか?

A:詳しく話すと長くなるのですが・・、どんな病気であれ、体を回復する事ができるのは薬ではなく「内臓の働き」によるものです。
紫斑病の原因を一言でいえば「体の疲労」です。体の疲労によって内臓の働きが低下してしまっているので、体を整えてあげると本来の回復力が戻ってくるのです。

Q:どのくらいの期間で回復しますか?

A:回復期間は、個々人でかなり差があります。
わずか数回の施術で良くなる場合もあれば、半年以上かかる場合もあります。平均すると約3ヶ月間くらいだとは思いますが、ハッキリとは答えられません。
しかし、何もせず薬だけに頼ってずっと我慢するよりは、確実に何倍も早く回復に向かっていきます。

Q:小さい子供でも施術を受けられますか?

A:大丈夫です。
たとえ0歳児でも安心して受けてもらえる施術法です。ただ小さいお子さんはじっと寝て施術を受ける事ができないことが多いので、お母さんが近くであやしてくれると助かります。

 

 

扶桑町、大口町、江南市のむちうち、交通事故患者さんがみえる丹羽郡扶桑町おおしま接骨院、愛知県紫斑病、愛知県大腿骨骨頭壊死、愛知県肉離れ、愛知県ヘルペス、愛知県オスグッドが送る交通安全語録

 

 一寸待て飛び出す心に飛びつく危険

投稿者 おおしま接骨院 | 記事URL

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
電気で治すのではなく、
あくまでも手技にこだわった接骨院最後は「手にまさるものなし」おおしま接骨院が提供する療法(一部抜粋) 無痛ゆらし療法 バンキー(吸玉)療法 レインボー療法 JRC療法


大きな地図で見る
■住所
愛知県丹羽郡扶桑町柏森寺裏104

■定休日
日・祝・水曜午後・土曜午後

■営業時間
午前 8:30~12:00
午後 4:00~7:30

当院は予約制です。

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2021.1.14

 

臨時休診のお知らせ

 

令和3年1月16日(土)・18日(月)午前診療
 

勉強会出席の為臨時休診させて頂きます。

18日(月)午後診療は通常診療致します。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

 

2020.12.24

 

 

年末年始のお知らせ

 

12月29日(火)午後診療~新年1月5日(火)まで休診いたします。

 

1月6日(水)より通常診療させて頂きます。

 

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

 

2020.11.12

 

令和2年11月14日(土)・16日(月)
 

勉強会出席の為臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2020.10.21

 

令和2年10月23日(金) 
 

院長都合により臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2020.10.15

 

令和2年10月19日(月) 
 

院長都合により臨時休診させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

  • RSS配信
  • RSSヘルプ